本文へ移動

【ロッテ】鈴木26日ぶり先発マウンド4回5失点3敗目「申し訳ない」肩落とす

2021年5月28日 22時19分

このエントリーをはてなブックマークに追加
広島戦に先発したロッテ・鈴木

広島戦に先発したロッテ・鈴木

◇28日 ロッテ8―10広島(ZOZOマリン)
 ロッテのドラフト1位左腕・鈴木昭汰投手(22)=法大=は26日ぶりの先発マウンドを白星で飾ることができなかった。4イニングを9安打5失点(自責3)で3敗目(1勝)。救援起用が続き、先発登板は5月2日の楽天戦(楽天生命パーク)以来だったが、この日は守備の乱れも重なり、「久々の先発で、長いイニングを投げたかったのですが、それができずにチームに申し訳ないです」と肩を落とした。
 井口資仁監督は立ち上がりで好投したことを評価しつつも「どんどん球が高くなってきて捕まるのが課題。(打者が)2巡目してからは自分でそこはクリアしていかないといけない」。踏ん張りきれなかった点を指摘した。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ