本文へ移動

菅野美穂「育児って綱渡り」“もう極限状態”のけんかシーン…映画『明日の食卓』撮影振り返る

2021年5月28日 18時30分

このエントリーをはてなブックマークに追加
映画「明日の食卓」の初日舞台あいさつで笑顔を見せる(左から)高畑充希、菅野美穂、尾野真千子

映画「明日の食卓」の初日舞台あいさつで笑顔を見せる(左から)高畑充希、菅野美穂、尾野真千子

  • 映画「明日の食卓」の初日舞台あいさつで笑顔を見せる(左から)高畑充希、菅野美穂、尾野真千子
  • 映画「明日の食卓」の初日舞台あいさつに出席した(左から)瀨々敬久監督、和田聰宏、高畑充希、菅野美穂、尾野真千子、大東駿介、藤原季節
 女優菅野美穂(43)主演の映画「明日の食卓」(瀬々敬久監督)の初日舞台あいさつが28日、横浜市内で開かれ、菅野、高畑充希(29)、尾野真千子(39)らが出席した。
 子どもを持つ親なら誰もが直面する問題をリアルかつ濃密に描く社会派エンターテインメント。作家椰月美智子さんの同名小説が原作だ。
 菅野はフリーライターをしながら2人の息子を育てる役柄。夫を演じる和田聰宏(44)から「菅野さんはテストと本番でがらりと変わる」と言われ、「毎回全力で投げ込むだけ。暴投になっていたかも」と熱のこもった撮影を振り返った。私生活でも2人の子どもを育てる菅野は「育児って綱渡りで、確かに分かるんですが、それでも映画のけんかのシーンはすごかった。もう極限状態」と話した。
 一方、高畑が「どうにもならない弟」と評した藤原季節(28)は「におい立った方がいいと思って何日か風呂に入らずに現場入りした」と告白。菅野も驚き「分かんなかった!」、高畑も「臭かったのかな」。
 続いて尾野は「私たち関西人なので…」と夫役の大東駿介(35)に振ると、大東は「じゃ、こてこてで。でも今日はシュッとしよか」と応じ、尾野も「こんなんでやっとります」などと漫才さながらのトークを展開。これには菅野から振られた関西人の高畑も「せやな」と合いの手を入れ、会場を笑いに包んだ。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ