本文へ移動

花井が初の世界選手権切符 セコンド川井梨紗子の声が後押し【レスリング全日本選抜】

2021年5月28日 18時25分

このエントリーをはてなブックマークに追加
女子59キロ級で優勝した花井瑛絵=代表撮影

女子59キロ級で優勝した花井瑛絵=代表撮影

 レスリングの全日本選抜選手権2日目は28日、東京・駒沢体育館であり、女子59キロ級では昨年12月の全日本選手権を制した花井瑛絵(21)=至学館大=が優勝し、10月の世界選手権(ノルウェー)初出場を決めた。
 決勝では、セコンドについた東京五輪57キロ級代表の川井梨紗子の声に後押しされ、前に出た。「勝っても負けても6分間。集中してやれと言われていた」。2―1で競り勝ち、抱き合って喜びに浸った。
 川井梨は大学の先輩にあたり、花井は練習パートナーを務めている。「今大会では重圧を感じたが、五輪はこの比ではないはず。梨紗子さんにも苦しみや葛藤があると思う。自分の優勝が少しでも後押しになればいい」と花井は言う。
 まずは五輪で川井梨の金メダル獲得を手助けし、その後は自分が世界一に―。理想のストーリーを実現すべく、練習で組み合う日々が続く。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ