本文へ移動

ニシキヘビを販売業者へ引き渡し 動物園の発表受けネット反応「売るんだ。買う人いるのかな」「動物園で広くみて貰えば償いに…」

2021年5月28日 16時27分

このエントリーをはてなブックマークに追加
 横浜市の野毛山動物園は28日、市内戸塚区で捕獲され、預かっていたアミメニシキヘビを茨城県の販売業者へ引き渡したと公式HPで発表した。
 このヘビは飼われていた同区内のアパートから脱走し、17日目の22日にアパート屋根裏で見つかった。捕獲後は飼い主の意向を受け、飼育許可を持つ同園で預かっていた。
 このニュースは日本中で大きな注目を集め、同園は「飼育展示をしてほしいといったご意見を沢山いただいています」と多数の要望が寄せられていたことを報告。そしてこのアミメニシキヘビについて「元の飼い主様のご意向で、飼養許可を有する茨城県の販売業者へ譲渡され、移動に必要な手続きが完了するまでの間一時的にお預かりしたものです」と飼育対象ではなかったことを説明し、「この度、手続きが完了したので、横浜市動物愛護センターから当該業者へ引き渡されました。」と、すでに同園にはいないことを明かした。
 この発表を受け、ツイッターでは「とても残念だ。動物園で広くみて貰えば償いにもなっただろうし」「売るんだ。買う人いるのかな」「可愛がってたのならどんな人の手に渡るかわからない販売業社に譲るより、動物園の方がいいと思うんだけどな」とヘビの行く末を心配するつぶやきが相次いでいる。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ