本文へ移動

丸川珠代五輪相が来日する大会関係者の数に言及「確実にここから減ることになる」

2021年5月28日 11時51分

このエントリーをはてなブックマークに追加
丸川珠代五輪相

丸川珠代五輪相

 丸川珠代五輪相(50)は28日、閣議後の定例会見で東京五輪・パラリンピックで来日する大会関係者の数について「確実にここから減ることになる」との認識を示した。
 来日する大会関係者については26日の東京五輪・パラリンピック組織委員会理事会で五輪は当初予定の14万1000人から5万9000人に削減される一方、内訳として国際オリンピック委員会(IOC)関係者らの「オリンピック・ファミリー」は3000人、各国の国内オリンピック委員会(NOC)関係者は1万4800人と当初から据え置かれていることが報告された。
 武藤敏郎事務総長は理事会後の会見で「今後も削減したいと思っているのでご協力いただくお話はしたいが、もともと大会運営へ必要不可欠な人材なので現時点では代えることができない。みなさん必要性があって来る」と明かしていた。
 丸川五輪相は一連の数字について「私も『あれっ』と思って武藤総長に確認した。会見の中で3000人というのは大会運営上不可欠な人ですと自分で言ったが、あれは勘違いして言っていましたということだった」と経緯を明かし、「(IOC、NOC関係者の)配偶者を含む同伴者の帯同をやめることについての数字が含まれていない。精査され次第反映して頂くことになっている」とした。
おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ