本文へ移動

【ロッテ】佐々木朗希がプロ初勝利の権利得て降板 5回7安打4失点、6回に角中同点打→藤岡の敵失で逆転

2021年5月27日 20時05分

このエントリーをはてなブックマークに追加
5回阪神、ロッテ・佐々木朗希(右)はマウンドでロッテ・吉井コーチから声を掛けられる=甲子園

5回阪神、ロッテ・佐々木朗希(右)はマウンドでロッテ・吉井コーチから声を掛けられる=甲子園

◇27日 阪神―ロッテ戦(甲子園球場)
 ロッテ2年目の最速163キロ右腕、佐々木朗希投手(19)は94球を投げて三振を5つ奪い、5イニングを7安打4失点(自責点3)。味方が6回に3点を挙げて逆転したため、プロ初勝利の権利を得てマウンドを降りた。
 大船渡高(岩手)時代に夢に終わった甲子園のマウンドに初めて立ち、プロ2度目の先発となった佐々木朗は初回、三者凡退で上々の滑りだしと思いきや、2回に阪神打線につかまる。大山、サンズの連続長短打で無死一、三塁とされ、ドラフト1位ルーキーの佐藤輝に左前適時打を放たれて同点。2死後に投手のアルカンタラにも右前適時打を許し、逆転された。
 3回には先頭の中野に四球を与え、一塁へのけん制球を一塁手のレアードが後逸して二進。2死後、打席にサンズを迎えたときに捕手の佐藤が捕逸し三塁進塁を許し、サンズにカウント1―1からの151キロ直球を右前にうまく打たれ、1点を追加された。
 5回にも暴投の後の2死二塁からサンズに右越え適時二塁打を浴びて2―4とされた。しかし6回表に角中の2点二塁打で同点。さらに藤岡の一塁内野安打が敵失を誘い、5―4と逆転した。
 ▽佐々木朗希「要所要所でタイムリーを打たれてしまって、少しもったいなかったところがあったので、次はしっかり修正していきたいと思います」

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ