本文へ移動

楽天・石井監督が2500安打達成した元同僚のヤクルト・青木に「そろそろやめても…」独特の言い回しで祝福

2021年5月27日 16時35分

このエントリーをはてなブックマークに追加
楽天・石井一久監督

楽天・石井一久監督

 楽天の石井一久監督(47)が27日、日米通算2500安打を達成した元同僚、青木(ヤクルト)を独特の言い回しで祝福した。
 「もうそろそろ野球をやめてもいいんじゃないか、と言っているんですけれどもね。2500安打も3000安打もあんまり変わらないでしょう」と開口一番、まさかの引退勧告?が飛び出た。
 さらに青木の印象を問われ、「貪欲なんですよね、あんなに貪欲な人はほかに知らないです。いい意味でガツガツしていない。だからああいう歳になっても野球ができるんじゃないかと。体が丈夫で、デッドボールもよく当たっていますけど、そいうのは尊敬していますが」と続けた。
 石井監督は現役時代に日米通算182勝を刻み、200勝も射程圏内にあったが、「200勝できたかは分からないですよ。向上心は30歳でなくしましたから」。さらに「1番興味あったのはチームが勝つこと。あんまり自分のことは興味なくて、試合に勝ったあとのみんなの喜んでいる顔っていうのが1番楽しみでした」と振り返った。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ