本文へ移動

深田恭子の「適応障害」涙もろさや神経過敏に

2021年5月26日 21時37分

このエントリーをはてなブックマークに追加
深田恭子

深田恭子

 女優の深田恭子(38)が「適応障害」で休養することが26日、分かった。所属事務所のホリプロが同日、発表した。
 適応障害は、厚生労働省のホームページによると「ある特定の状況や出来事が、その人にとってとてもつらく耐えがたく感じられ、そのために気分や行動面に症状が現れるもの」。涙もろくなり、過剰に心配し、神経が過敏になるという。
 また、無断欠席や無謀な運転、けんか、物を壊すなどの症状がみられることもあるとしている。ストレスとなる状況や出来事が明白なので、原因から離れることで症状は次第に改善すると説明している。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ