本文へ移動

岡田准一が指導の木村文乃「アクションとは対話だと」映画『ザ・ファブル』続編

2021年5月26日 18時46分

このエントリーをはてなブックマークに追加
イベントに出席した(左から)山本美月、安藤政信、木村文乃、岡田准一、堤真一

イベントに出席した(左から)山本美月、安藤政信、木村文乃、岡田准一、堤真一

 V6の岡田准一(40)が主演の映画「ザ・ファブル 殺さない殺し屋」(江口カン監督、6月18日公開)の公開直前プレミアイベントが26日、東京都内で行われ、岡田や共演の木村文乃(33)、堤真一(56)、安藤政信(46)らが登壇した。
 人気マンガを原作にした映画は、岡田演じる伝説の殺し屋“ファブル”が、ボスの命令で殺人を封印し、一般人として暮らすものの、さまざまな事件に巻き込まれていくアクションストーリー。2019年に初映画化され、シリーズ第2弾になる。
 コロナ禍の中、無観客で行われたイベントで、岡田は「2作目ということで、前作を超えなきゃという裏のテーマのミッションを抱えながら撮影に臨みました。コロナ禍の中、撮影も中止になったりしましたが、それも乗り越えてチャレンジした作品です。さらにパワーアップした作品になったと思います」とアピールした。
 今回は自ら共演者へのアクション指導も買って出た。初めて本格アクションに挑戦したという相棒役の木村は「アクションはただ殴る、蹴るじゃない。対話なんだ、ということを岡田さんに教えていただきました」。敵役の殺し屋を演じた安藤も「岡田のアクションはマジ、すごい! 最初は何で岡田に指導されないといけないんだと思いましたが、すぐに弟子にしてくれって言いました!」と言って笑わせた。
PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ