本文へ移動

【岐阜】予約完了が一転先送り 高齢者ワクチン接種巡り不満の声

2021年5月26日 05時01分 (5月26日 11時04分更新)
岐南町から届いたワクチン接種の予約完了を知らせるメール=一部画像処理

岐南町から届いたワクチン接種の予約完了を知らせるメール=一部画像処理

 県内各地で、一般高齢者を対象とした新型コロナウイルスのワクチン接種が実施されている。しかし、一部の自治体では集団接種の予約方式を途中で変更するなどしたことから、現場の混乱や市民の不満が生じている。
 岐南町では予約が完了したのにもかかわらず、町側からキャンセルされたケースが複数あった。同町では四月下旬、六十五歳以上を対象に接種券や予診票などが入った封筒を送付。案内には、予約サイトにアクセスするQRコードを記載してあった。予約開始日が決まったら別途知らせる旨が書かれていたが、年齢区分について言及はなかった。
 町内の七十代男性がQRコードから予約を試みたところ、なかなか接続できない日が続いたものの、今月二十日にアクセスに成功。二十九日の分の予約を取ることができた。日時や会場名、「ご予約内容をご確認ください」と書かれたメールも届いた。
 しかし二十一日、男性に町職員から電話があり、「あなたはまだ若いのでだめです」などと言われ、接種が六月下旬に延びることが伝えられたという。男性は今月に入って身内をコロナで亡くしていたこともあり、接種の先送りに「ショックで寝られなかった」と振り返る。
 町によると、...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

PR情報

岐阜の新着

記事一覧