本文へ移動

犬山城調査結果、HPで再公開 市、図の作者名など手直し

2021年5月25日 05時00分 (5月25日 11時47分更新)
印刷するとA4判5枚ほどになる犬山城の調査結果資料

印刷するとA4判5枚ほどになる犬山城の調査結果資料

 犬山市は二十四日、国宝犬山城を現存最古の天守と結論づけた三月の専門家による調査結果をインターネットの「国宝犬山城」ホームページで公開した。
 掲載したのは、麓和善(ふもとかずよし)さん(65)=名古屋工業大名誉教授(建築史)=と光谷拓実さん(73)=奈良文化財研究所客員研究員(年輪年代学)=の調査結果。三月二十九日の記者会見で使った資料と同内容で、麓さん作成の天守復元図、光谷さん撮影の天守の柱の写真が載っている。
 市歴史まちづくり課によると、...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

PR情報