本文へ移動

国の大規模接種、初日は7000人 自衛隊運営、想定通り

2021年5月25日 10時38分 (5月25日 10時40分更新)
 自衛隊が運営する新型コロナウイルスワクチン大規模接種センターが設置された大手町合同庁舎3号館=24日

 自衛隊が運営する新型コロナウイルスワクチン大規模接種センターが設置された大手町合同庁舎3号館=24日

 防衛省は25日、自衛隊が運営する新型コロナウイルスワクチン大規模接種センターで、開設初日の24日は東京会場4876人、大阪会場2472人の計7348人に接種したと発表した。24日は1日当たり東京約5000人、大阪約2500人に接種する想定。事前の予約は全て埋まっており、ほぼ計画通りの人数に実際の接種ができた形だ。
 防衛省によると、24~30日は東京23区と大阪市の65歳以上の高齢者が対象。24日は午前8時から午後8時まで予定通りに稼働し、大きな混乱は起きなかったという。

関連キーワード

おすすめ情報

話題の新着

記事一覧