本文へ移動

<正見真一郎のつり初釣戦!>川島釣り堀でニシキゴイをゲット!

2021年5月25日 05時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
念願のニシキゴイをゲット。釣りは最後まで諦めないのが大事です

念願のニシキゴイをゲット。釣りは最後まで諦めないのが大事です

 2回目の「初釣戦」はコイがターゲット。GWの鯉のぼりで始まった5月を締めくくるのにふさわしい魚種でしょう。埼玉県川島(かわじま)町の「川島釣り堀」さんでニシキゴイ釣りに挑みました。前回の金魚から大幅にサイズアップ、30センチから40センチぐらいありそうな白い巨体を誇ります。しかも餌を吐き出すのが得意というくせ者。これは釣戦し甲斐がありそうです。

◆我ながら下手すぎ〜3匹目は白のリクエスト

 5月から梅雨入り地域が続出している妙な年。入梅していない関東地方もぐずついた天気の日が続きます。なんとか釣りができないかと見つけたのが屋外&屋内(屋内は金魚専門ですが)、どちらも備えた川島釣り堀。どんより曇った日でしたが、さいわい雨にはならず外の池でコイ釣りを経験できました。
 笑顔で迎えてくれたのは、ご主人の山本勝治代表(50)。ご自身も根っからの釣り好きで、釣り歴45年という大ベテランです。子どもたちに釣りの楽しさを教えて次代を担う太公望を育てようと2017(平成29)年にこの釣り堀を立ち上げられたのだそう。金魚やコイばかりでなくザリガニ釣りやカブトムシの販売も行っている生き物ワンダーランドです。
 さっそく釣り堀に着座しました。竿は6尺。代表がまず竿を出してタナを確かめるとウキの位置を調整。金魚釣りの時より大きめ、アメ玉ぐらいの練り餌を針に付けるといざスタートです。
 代表が面白い話をしてくれました。「上手な常連は小さな魚を狙う」というのです。持ち帰り用に若いきれいな個体を狙っているそうです。一方、記者のようなビギナーや子どもには大きなコイを狙ってほしいそうです。今回の課題は、ずばりコイなのでピッタリですが、とりあえず1匹も釣れないようでは原稿になりません。プレッシャーのなか60〜70%は釣れる手応えのあった魚を、まず1匹バラシました。
 「下手すぎる!」
 思わず声を叫んでしまいました。左横では後からきたファミリーの坊やが大きなコイを連発し記者は肩身が狭い思い。金魚釣りの時も、何度も体験している“下手こいた”感覚です。気を取り直して試合続行。釣り始めて30分ほどたった頃だったでしょうか、ウキが大きく沈みました。今度は大丈夫そうです。代表が玉網でしっかりゲット、20〜25センチぐらいの黒いコイが釣れました。最低限のノルマ達成です。
 肩の力が抜けたのが良かったのでしょうか。5分ほどで同じぐらいのサイズの2匹目。すると代表からハードルの高いリクエストです。
 「白いの釣ってよ」
 実は白いニシキゴイを気前よく放流していただいていたのですが、釣るのは常連のおじさんたちと釣り上手な子ども。常連が白いコイをかけると「バラセー、バラセー」と代表が声を上げる愉快な場面もありました。
 その後、小さな金魚を釣りましたが「白いの」はダメかもな、と思っていた釣り始めから2時間後です。今までにない強い引きです。「白だ」。代表の声が弾みます。これはバラせません。慎重にたぐり寄せて代表の玉網に。黒2匹より二回りぐらい大きな「白いの」を釣りました。
 「やったー」
 達成感&集中した2時間から解放された脱力感がひどいです。「持ってるね」。カメラマンとして同行したデスクにほめられましたが、ツキを使い果たした感じ。ダービーは見送りですね。帰ってからスマホを見たら横浜でニシキヘビ発見のニュース。どうやら、この日はニシキがニヒキ、なんちゃって。結果オーライの釣りにイシハラ真一郎を気取ってみました。「ありがとう私の コイの町川島」。
<釣行ガイド> 川島釣り堀=埼玉県比企郡川島町伊草730(電)049(297)1040。営業時間は平日11時〜20時(最終受付18時)、土日祝9時〜19時(最終受付17時)。台風など悪天時は休業。料金は1時間900円〜。1日券3200円。お得な回数券も販売中。
<交通> 車が便利。圏央道川島ICから国道254号で川越方面へ。4つ目の信号(エネオス、マクドナルドが一体のスタンドがある交差点)を左折し、少し行くと左手にピンク色の建物の川島釣り堀が見える。
 電車利用なら川越駅または鴻巣駅からバスが出ている。伊草小学校前下車。徒歩で2キロ弱。

◆ご当地名物すったてつゆがすばらしい!もりうどん

<釣行前の腹ごしらえ> 夏の川島町のご当地名物「すったて」をいただきました。語源は具材を「すりたて」で食べていたところからだそう。訪れたのはスーパーヤオコーの隣にある「増田屋」さんです。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ