本文へ移動

侍・稲葉監督「今永投手は打たれたが…投げられたということで順調なのではないか」6失点KOも高評価

2021年5月23日 22時24分

このエントリーをはてなブックマークに追加
稲葉監督(資料写真)

稲葉監督(資料写真)

◇23日 ヤクルト10ー5DeNA(神宮)
 野球日本代表・侍ジャパンの稲葉篤紀監督(48)が23日のヤクルト-DeNA戦を視察。「今日(の視察の目的)は今永投手です」と先発したDeNA今永を見に訪れたことを明かした。昨年10月の左肩手術から復帰。1軍今季初登板となったこの日は4イニング3分の1を投げ、6失点でKOされた。
 稲葉監督は「彼はジャパンに対する思いも強いのでこちらとしては大事にしている部分。打たれたが、投げられたということで順調に来ているのではないか」と結果を気にすることなく、高い評価をした。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ