本文へ移動

顧問助産師、企業で力に 働く人の出産・育児支援

2021年5月24日 05時00分 (5月24日 05時00分更新)
赤ちゃんの人形を使ってオンラインで相談に乗る助産師の岸畑さん(With Midwife提供)

赤ちゃんの人形を使ってオンラインで相談に乗る助産師の岸畑さん(With Midwife提供)

 男女の区別なく働く人の出産や育児などの相談に乗り、仕事との両立を助ける「顧問助産師」を取り入れる企業が増えている。出産を機に離職する女性も少なくない中、誰もが長く働ける環境を整えるには、職場側のサポートが課題だ。助産師にとっても病院以外に活動の場を広げるチャンスで、働く人たちの力になろうと模索している。 (熊崎未奈)
 「赤ちゃんが授乳後に吐くのですが、どこが不調なのか分かりません」「子どもを産みたいけれど、今の役職だと難しい」
 大阪市の助産師、岸畑聖月(みづき)さん(29)のもとには昼夜を問わず、相談のメールが寄せられる。「顧問助産師」として契約する企業の社員からだ。不妊治療や生理、コロナ禍での出勤の不安、職場の人間関係…。豊富な医学的知識を持つ専門職への信頼は厚く、男性からの相談も多い。
 メールは二十四時間以内に返信。テレビ電話で面談にも応じる。総合病院で働く傍ら、岸畑さんがこうしたサービスを提供する「With(ウィズ) Midwife(ミッドワイフ)」(同市)を起業したのは二〇一九年十一月。勤務先の病院で、妊娠後も忙しくしていて受診が遅れたり、キャリアとの両立に悩んだりする女性を...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報