本文へ移動

【大相撲】優勝決定戦で敗れた貴景勝「よく辛抱して一つ一つ勝っていった」八角理事長は評価

2021年5月23日 20時10分

このエントリーをはてなブックマークに追加
優勝決定戦で、照ノ富士に敗れた貴景勝

優勝決定戦で、照ノ富士に敗れた貴景勝

◇23日 大相撲夏場所千秋楽(両国国技館)
 大関貴景勝(24)=常盤山=は優勝決定戦で力尽きた。本割では立ち合い思い切り当たって、すぐさま突き落とし。これが見事に決まった。3場所ぶりの優勝を懸けた決定戦では、まわしを取られないように離れて相撲を取ったが、前に出ようとしたところをはたき込まれてしまった。
 あと一歩で賜杯を手にできなかったが、八角理事長(元横綱北勝海)は「よく辛抱して一つ一つ勝っていった。しぶとく勝っていってるという印象」と評価した。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ