本文へ移動

川越町の複合施設、8年近く停滞 建設計画いつ再スタート?

2021年5月23日 05時00分 (5月23日 10時57分更新)
複合施設の建設が計画されている旧川越町役場の跡地=川越町豊田一色で

複合施設の建設が計画されている旧川越町役場の跡地=川越町豊田一色で

 川越町で、図書館と公民館、郷土資料館の機能を備えた複合施設の建設計画が、八年近く停滞している。当初は二〇一五年度中の完成を目指していたが、いまだに建設も始まっておらず、他の事業との兼ね合いで、さらに先送りされる見通し。複合施設はいつ建てられるのか。 (尾林太郎)
 複合施設は、図書館、資料館、公民館の各施設の相互利用を促そうと構想された。豊田一色の旧町役場跡地に建設予定で、当初の計画ではのべ床面積約四千六百平方メートルの三階建て。建設費に十九億九千五百七十一万円を要する見込みだった。
 あいあいセンター内の図書室は移転する他、予定地近くの町中央公民館は取り壊される予定。町郷土資料館も、本年度の解体が決まっている。
 一一年度に基本構想と計画が策定され、設計業務などの委託でこれまで四千九百九十九万円を執行。一三年度にも着工される見込みだったが、東日本大震災の影響で労務費が跳ね上がり、同年の建設工事の入札が不調に終わった。以降、計画は一時見合わせになり、現在まで新たな進展は見られない。
 本年度の一般会計当初予算にも関連費用は計上されず、町議会の三月定例会で予算案は原案通り可決されたものの、計画...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

PR情報

三重の新着

記事一覧