本文へ移動

【J1名古屋】今季3度目の0ー0、さらに丸山が長期離脱危機… 中谷&木本コンビの堅守で苦境打開を

2021年5月22日 23時16分

このエントリーをはてなブックマークに追加
徳島―名古屋 後半、ボールを奪いに行く名古屋・中谷

徳島―名古屋 後半、ボールを奪いに行く名古屋・中谷

◇22日 J1第15節 徳島0―0名古屋(鳴門大塚スポーツパークポカリスエットスタジアム)
 後半ロスタイム4分、最後の希望を乗せたDF成瀬のミドルシュートはゴールマウスのはるか上へ消え去った。調子の上がらない徳島に、今季3度目のスコアレスドロー。勝ち点なしという最悪の結果は免れたが、勝ち点差「12」となった首位・川崎の背中はさらに遠のいた。
 立ち上がりから、グランパスはテンポ良く後方からパスを回す徳島の攻撃に苦戦。頼みのFW相馬はボールを持つとすぐ囲まれ、FWマテウスは利き足の左足を厳しくマークされた。引いて守る状況からなかなか抜け出せず、反攻のきっかけをつかめない状況が長く続いた。
 さらに、試合中には、ピッチで足を滑らすグランパスの選手が多くみられた。試合後、指揮官は不満げな表情を浮かべ、会見に登場。「言い訳ではないが、しっかりサッカーをやれるグラウンドコンディションではなかった」と苦言を呈した。
 決定機もつくられたが、意地でもゴールは割らせなかった。前節・清水戦で負傷をした主将のDF丸山が1年9カ月ぶりのメンバー外。センターバックでDF木本とコンビを組み、指揮官からゲーム主将に任命されたDF中谷は「結果として無失点に抑えられたのはよかった」と振り返った。
 連勝から1カ月以上遠ざかり、状態を精査中の丸山は「数カ月いない可能性もある」(同監督)と、長期離脱も覚悟しないといけない状況だ。次節は中3日で臨む17位・仙台戦。連覇へ突っ走る川崎の対抗馬であり続けるには、勝利を積み上げる以外に方法はない。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ