本文へ移動

【J1名古屋】稲垣「難しい試合だった」徳島の攻撃への対応に苦労も無失点でしのぎ切る

2021年5月22日 22時24分

このエントリーをはてなブックマークに追加
徳島と引き分け、整列に向かう名古屋イレブン

徳島と引き分け、整列に向かう名古屋イレブン

◇22日J1第15節 徳島0―0名古屋グランパス(鳴門大塚)
 名古屋グランパスのMF稲垣は徳島の攻撃への対応は「難しかった」とひと言。徳島のFW垣田を基点に、こぼれ球を確実に拾っていくプレーに「前に行かないとつながれて、行きすぎても蹴られて(前線で)収められる。難しい試合だった」と苦しい戦いであったことを明かした。
 「こういう試合を(失点)ゼロで抑えるというのも、しぶとく戦うという意味では大事」と、押し込まれる場面もありながら無失点のまま試合を終えた堅守には自信を深めた様子だった。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ