本文へ移動

マイナカード交付でギフト券 勝山市、普及へ独自キャンペーン

2021年5月23日 05時00分 (5月23日 05時00分更新)
マイナンバーカード普及を目指して作ったのぼりやキャンペーンの告知=勝山市役所で

マイナンバーカード普及を目指して作ったのぼりやキャンペーンの告知=勝山市役所で

 勝山市はマイナンバーカードを普及させようと、市独自のキャンペーンを展開している。カード交付時にギフト券を贈り、普及率の向上を図る。
 国の「マイナポイント事業」は四月で終わったが、普及への取り組みを継続させるため今月一日から始めた。
 二〇二二年一月三十一日までに交付申請を行い、同三月三十一日までに市役所でマイナンバーカードを受け取るか、本人限定郵便で交付を受ければ、三千円分の電子マネーギフト券かQUOカード、図書券のいずれかがもらえる。
 市では公民館や図書館、市福祉健康センター「すこやか」、市体育館ジオアリーナでも申請を受け付けている。PRのため、「交付申請やってます!」と書かれたのぼりを市内全公民館に配布した。希望日時に市職員が職場や地域団体に出向く「出張申請」も行っている。
 市内のマイナンバーカード普及率は四月二十五日時点で31%余り。市は50%を目指し、担当者は「これから必要になるカードなので、これを機会に申請していただきたい」と呼び掛けている。 (平林靖博)

関連キーワード

おすすめ情報

福井の新着

記事一覧