本文へ移動

貴景勝 自力Vの可能性復活に落ち着いて正代突き落とす【大相撲夏場所】

2021年5月22日 19時56分

このエントリーをはてなブックマークに追加
貴景勝(奥)が突き落としで正代を破る

貴景勝(奥)が突き落としで正代を破る

◇22日 大相撲夏場所14日目(両国国技館)
 目の前の一番で、照ノ富士に土が付いた。にわかに自力優勝の可能性が再び復活。そんな状況で迎えた結びの正代戦だったが、貴景勝(24)=常盤山=の心は落ち着いていた。
 立ち合いガツンと当たった。正代にやや押されたが冷静だった。175センチ、166キロの体をヒラリと左へとかわすように移動。「反応です。感触は普通です」と振り返ったが、前のめりの正代を突き落とした。
 3敗を守り、照ノ富士とは1差。3場所ぶり3度目の優勝には、本割で照ノ富士に勝ち、決定戦も制する必要があるが、自力で扉は開くことができる。「一生懸命やるしかないと思っている。しっかり準備して、あとは結果はなるようにしかならないので」。先場所も勝てば決定戦というところで照ノ富士に屈した。今度こそ―。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ