本文へ移動

嵐、ライブ映像を映画化 19年に東京ドームで収録用として撮影 上海国際映画祭に正式出品も決定

2021年5月23日 08時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
映画「ARASHI Anniversary Tour 5×20 FILM “Record of Memories”」のロゴ (C)2021 J Storm Inc.

映画「ARASHI Anniversary Tour 5×20 FILM “Record of Memories”」のロゴ (C)2021 J Storm Inc.

 昨年末でグループ活動を休止したアイドルグループ「嵐」のライブが、「ARASHI Anniversary Tour 5×20 FILM “Record of Memories”」のタイトルで映画化されたことが22日、分かった。内容は2019年12月23日に、東京ドームで“映像収録用”としてファンを入れて特別開催したシューティング・ライブで撮影されたもの。ジャニーズ事務所初のライブ映画として「第24回上海国際映画祭」(6月11~20日)に正式出品が決定し、現地で初上映される。
 嵐のデビュー20周年記念ツアー「ARASHI Anniversary Tour 5×20」は18年11月にスタートを切ったが翌年1月、2020年をもって活動休止という電撃発表があった。ファンへの恩返しが詰まったステージは、19年12月まで50公演を行い、1ツアーとして日本史上最多となる累計237万5000人の動員を記録した。
 19年12月24、25日のツアーファイナル前日。あるビッグプロジェクトが着々と進行していた。それは「映画を撮影するため」に1日限りで開催するという、過去に例を見ない「シューティング・ライブ」だった。当時、ファンには映画化の計画は伝えておらず、映像を撮影するためのライブとして東京ドームに5万2000人を集めて行われた。
 「ピカ☆ンチ」(02年公開)で嵐初主演映画を手掛けた堤幸彦監督をはじめ、これまで嵐に関わってきた映画とライブのスタッフが集結し、嵐が5人だから見られた景色、観客が5人と一緒に見た景色を100台以上のカメラで余すことなく記録。日本ナンバーワン動員を誇る嵐の名曲とパフォーマンスを体感できる全編ライブ・フィルムが誕生した。
 堤監督は、撮影当日のリハーサルを終えた後「たくさんライブ映像を撮ってきましたが、間違いなく自分が撮った中では最高峰になるでしょう。お客さまが入ったらシューティング・ライブの準備が全て完了です。手のひらから飛び立つドローンに5人が映し出されるところから始まって、彼らの手に戻っていく。ステキな入り口と出口になるのかなと思っています。回る地球と東京ドーム、嵐と同じ時間を生きていることを体感してほしい」と胸の高鳴りを伝えていた。
 映画は、いち早く上海国際映画祭のGala部門とDolby Vision部門への出品が決定。両部門への同時出品は史上初となる。現時点では具体的に日時や会場は決まっていないが、期間中にワールドプレミアとして初上映される予定だ。配給元によると、日本公開の時期は現在調整中という。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ