本文へ移動

【楽天】田中将大 7イニング1失点も勝ち負けつかず 得意のZOZOマリンで決め球スプリットさえた

2021年5月22日 17時38分

このエントリーをはてなブックマークに追加
3回に先制点を許し、厳しい表情でベンチへ戻る楽天・田中将

3回に先制点を許し、厳しい表情でベンチへ戻る楽天・田中将

◇22日 ロッテ3―1楽天(ZOZOマリン)
 今季6試合目の先発となった田中将大投手(32)は7イニングを102球、6安打3奪三振1失点と好投。1―1同点のままマウンドを譲ったため勝ち負けは付かず、3勝目はお預けとなった。楽天は二番手・福山が中村、レアードに一発を浴び1―3で敗れた。
 試合はかつての同僚、美馬との緊迫した投手戦となった。田中将は3回にマーティン、中村の連打で先制を許したが、4回は気迫あふれる投球で中軸を三者凡退。
 浅村の犠飛で1―1同点となった7回には、ヤンキース時代の2018年に同僚だったエチェバリアに左中間に二塁打されるなど2死一、二塁のピンチをつくったが、マーティンをスプリットで左邪飛に打ち取った。
 田中将は試合前までZOZOマリンでは登板10試合で防御率1・91と好相性。この日も独特の風をものともせず、要所を締めた投球を見せた。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ