本文へ移動

大谷翔平、審判の“ブラックリスト”入りか… 外角ボールのストライク判定に首かしげる 前日に続き辛いジャッジ

2021年5月22日 11時26分

このエントリーをはてなブックマークに追加
エンゼルス・大谷(AP)

エンゼルス・大谷(AP)

◇21日(日本時間22日)MLB エンゼルス―アスレチックス(アナハイム)
 審判の“ブラックリスト”に載ってしまったのだろうか。エンゼルスの大谷翔平選手(26)は、アスレチックス戦に「2番・指名打者」で先発。1回の第1打席。カウント2ボール1ストライクで、中継局BSウエスト表示のストライクゾーンから外れた外角の投球をストライク判定され、大谷はマーリー球審に目をやると首をかしげた。
 同局のサットン・アナウンサーは「またも広いストライクゾーン。昨日もこんなことがありました。だから、頭に入れておいてください。今日の球審はニック・マーリーです」と中継した。
 カウント3―1と2―2ではおお違い。結局、この打席は左中間への深い中飛に倒れた。
 前日のツインズ戦も、バックナー球審が大谷へのボールゾーンに見える投球を立て続けにストライク判定。26歳の若武者は首を横に振ったり、薄い笑いを浮かべて「ありえない」という態で何かつぶやくなど不満をあらわにし、その後はエンゼルスの打者に厳しい球審の判定が相次いだ。
 だが、この日はカードが替わり、アスレチックスとの3連戦の初戦のため、審判団も前日とは入れ替わった。それでも大谷に辛い判定が続くということは…、ファンは勘繰ってしまいそうだ。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ