本文へ移動

大谷翔平は「ベーブ・ルースより上、史上最高の選手」 メジャー251勝のサバシアが激賞…ただし対戦すれば抑える自信

2021年5月22日 11時02分

このエントリーをはてなブックマークに追加
エンゼルス・大谷(AP)

エンゼルス・大谷(AP)

◇21日(日本時間22日)MLB エンゼルス―アスレチックス(アナハイム)
 メジャー通算251勝を誇るCC・サバシア元投手(40)=元ヤンキースなど=は21日、自身がホストを務めるネットラジオのRSC2でエンゼルスの大谷翔平選手(26)をあらためて激賞した。
 「あいつは史上最高の野球選手だ。ベーブ・ルースはだてに活躍したわけじゃないが、すごく昔のこと(1914~35年に714本塁打)で、大リーグのグラウンドが平らでさえない時代。事実、大谷がプレーしている現代は野球のレベルが過去最高だ。だから、この男は驚異的なんだ」。この元左腕は、4月にも大谷がこれまで見た選手でナンバーワンだと語っていた。
 ただし、もし自分が打者・大谷と対戦すればと仮定し、「間違いなく、『get his a×× out(あいつの目を覚ましてやる)』」と、放送禁止用語入りで自信満々。さらに、攻め方を「内角にツーシーム、続けて内角にツーシーム、そして外角にスライダー」と具体的に語った。
 サバシアはインディアンス時代の2007年にサイ・ヤング賞。19年までメジャー通算19年間で251勝161敗、防御率3.74。特に大谷のような左打者には強く、通算の被OPS(出塁率+長打率)も6割4分2厘に抑えた。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ