本文へ移動

唐箕、足踏み脱穀機など展示 紀北で「ちょっと昔の農具展」

2021年5月22日 05時00分 (5月22日 11時23分更新)
実際に使われていた農具が並ぶ会場=紀北町の紀伊長島郷土資料室で

実際に使われていた農具が並ぶ会場=紀北町の紀伊長島郷土資料室で

  • 実際に使われていた農具が並ぶ会場=紀北町の紀伊長島郷土資料室で
  • 籾摺臼(左)と足踏み脱穀機=紀北町の紀伊長島郷土資料室で
 紀北町の紀伊長島郷土資料室で、昭和三十年代ごろまで米作りに使われていた農具を紹介する企画展が開かれている。「ちょっと昔の農具展」と題し、三十日まで。無料。 (間宮大貴)...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報

三重の新着

記事一覧