本文へ移動

初始球式で見事ストライク!SixTONES田中樹の自己採点は「80~90点」「もっと伸びのある球投げられる」

2021年5月22日 06時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
ヤクルト―DeNA戦で始球式を務めたSixTONESの田中樹

ヤクルト―DeNA戦で始球式を務めたSixTONESの田中樹

  • ヤクルト―DeNA戦で始球式を務めたSixTONESの田中樹
  • ヤクルト―DeNA戦で始球式を務めるSixTONESの田中樹(左)とジェシー
 アイドルグループ「SixTONES」の田中樹(25)とジェシー(24)が21日、東京・神宮球場で行われたプロ野球、ヤクルトーDeNA戦の試合前に登場。田中が始球式を行った。
 野球経験者の田中にとって初の晴れ舞台。「始球式で投球するのは夢だったので、ストライクを取りたい! そして楽しみたい!」と意気込み、ジェシーから「ジュリ、ファイト!」とエールを送られてマウンドへ向かった。落ち着いた表情でノーワインドアップのフォームから放たれた球は見事に外角高めのストライク。場内から大きな拍手が起き、田中は満面の笑みを浮かべた。
 この日の試合は同グループが出演する「ヤクルト ジョア」の新CMを記念した「えらべる栄養、1日分。ジョアナイター」として開催。背中に「ジョア」のロゴが入ったヤクルトの特製ユニホームを着た2人が試合前の球場を盛り上げた。
 始球式後、田中は緊張していたことを明かしたが「点数は80~90点くらい! もっと伸びのあるストレートが投げられるかな。でもイメージ通りに投げられたと思います」と満足げ。ジェシーは「完璧でしたね。僕も見てて緊張して、多分、樹より僕の方が緊張したんじゃないかな。でも、本当に素晴らしかったですね」と称賛した。
おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ