本文へ移動

【ヤクルト】バンデンハーク、新天地初陣で悔しい4回3失点も…高津監督「身長を生かした角度感じた」と今後に期待

2021年5月22日 06時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
DeNA戦に先発したヤクルトのバンデンハーク

DeNA戦に先発したヤクルトのバンデンハーク

◇21日 ヤクルト3―5DeNA(神宮)
 ヤクルトに新加入したバンデンハーク投手が新天地の初陣で悔しさをにじませた。ソフトバンクから移籍後初登板・初先発となったが、結果は4イニングを6安打3失点。打席では日本での通算9打席目で初安打を記録したが「先発として試合をつくることが目標であったが、長いイニングを投げることができなかった」と悔やんだ。
 高津監督は2点を追う4回1死三塁の好機で、バンデンハークに打席が回ると、代打の起用を決断。右腕は無念の交代となったが、指揮官は「彼らしい球を何球か見られた。空振りをとれる球種もいくつかある。(195センチの)身長を生かした角度もすごく感じた」と今後に期待を込めた。
 昨季までの2シーズンは腰の張りもあり、2年連続で2勝のみ。次のマウンドこそ完全復活をアピールだ。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ