本文へ移動

『ミライモンスター』松本圭佑デビュー3連勝で『ミライ』卒業宣言「井上尚弥選手のようなモンスターに」

2021年5月21日 19時02分

このエントリーをはてなブックマークに追加
1回、室田拡夢(左)をKOで破った松本圭佑

1回、室田拡夢(左)をKOで破った松本圭佑

 ボクシングのフェザー級ノンタイトル8回戦が21日、東京・後楽園ホールで行われ、U―15大会5連覇の松本圭佑(21)=大橋=が室田拡夢(25)=T&T=に1回2分8秒TKO勝利。すべてKOでデビュー3連勝を飾った。この試合がA級初戦の松本は、過去6勝のうち4試合がKO(4敗2分け)の室田に初回の1分すぎから攻勢をかけ、中盤に狙い澄ました右ストレートでダウンを奪取。再開直後にも鮮やかな右カウンターを決めて完勝した。
 松本は試合後「ここまで2試合は(相手のパンチを食らうなど)納得がいかないところがあった。そういう危ないシーンをつくらず終えられてほっとしています」とリング上であいさつした。
 3度の世界戦経験を持つ大橋ジム・松本好二チーフトレーナーの長男。少年時代から“ミライモンスター”として何度もテレビ番組で取り上げられてきたが「これからは『ミライ』がとれて、同門の(WBA・IBF統一バンタム級王者)井上尚弥選手のようなモンスターになりたいと思います」と抱負を語った。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ