本文へ移動

J1名古屋・中谷2度目の日本代表選出 吉田麻也&冨安が五輪代表で出場増チャンス「自分を示したい」

2021年5月21日 06時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
名古屋DF中谷

名古屋DF中谷

 日本サッカー協会は20日、W杯カタール大会アジア2次予選・ミャンマー戦(28日・フクアリ)に臨む日本代表メンバー26人と、6月のW杯アジア2次予選と親善試合の計4試合を戦う日本代表メンバー24人をそれぞれ発表した。ミャンマー戦は国際Aマッチデー期間外に設定されたため、パルチザンを退団した無所属のFW浅野拓磨(26)を除き、MF久保建英(19)=ヘタフェ=ら五輪世代9人を含む25人は全て欧州組の編成。同戦後に選手はA代表、U―24代表に分かれて活動する。
◇   ◇   ◇
 3月の代表初招集に続いて招集された名古屋センターバックの中谷進之介は「初選出とは違う。2回目ということで心を引き締めながら、もっとトライしていきたい」と意気込んだ。今合宿では現代表レギュラーの吉田、冨安が五輪代表にも選ばれ、活動時期がずれる。出場機会増も見込まれ、「チャンスは必ず回ってくると思うので、しっかり自分を示したい」と力を込めた。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ