本文へ移動

高岡早紀 初エッセー『魔性ですか?』タイトルオファーにびっくり「最初はないと思ったが面白いかも」

2021年5月20日 21時59分

このエントリーをはてなブックマークに追加
初エッセーをPRする高岡早紀

初エッセーをPRする高岡早紀

 女優高岡早紀(48)が20日、この日発売された自身初のエッセー「魔性ですか?」(KADOKAWA)のオンライントークイベントに登場した。
 女優として数々のドラマや映画に出演する一方、私生活では結婚、離婚、出産を経験。エッセーは仕事への向き合い方や、私生活のことなど約3カ月かけ書き上げた。
 数々の浮名を流し「魔性の女」と言われることには苦笑いするが、今回「『魔性ですか?』というタイトルでエッセーを書きませんか」とのオファーが来て驚いたという。「最初はないかなと思っていたが、そんなタイトルでエッセーを書いたら面白いんじゃないかと言ってくれる人なんてまずいないので、面白いかもと話を聞いた」と説明した。
 来年デビュー35年を迎える高岡。今年は「おかえりモネ」でNHK連続テレビ小説に初出演し、6月18日には主演映画「リカ~自称28歳の純愛モンスター~」(松木創監督)も公開されるなどオファーが絶えない。今後やってみたい役を聞かれると「まだ、おばあさんの役をやっていない(笑)。リアルおばあさんになったら、そのときはおばあさんの役をやれる。まだまだやってないことはたくさんあるはずなので、自分自身も何ができるか楽しみにしています」と答えていた。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ