本文へ移動

照ノ富士「昨日は昨日」反則負け引きずらず合口悪い阿武咲を寄せ付けず単独トップキープ【大相撲】

2021年5月20日 19時25分

このエントリーをはてなブックマークに追加
照ノ富士(左)が寄りきりで阿武咲を下す

照ノ富士(左)が寄りきりで阿武咲を下す

◇20日 大相撲夏場所12日目(両国国技館)
 大関照ノ富士(29)=伊勢ケ浜=が鋭い立ち合いから右上手を取り、左前みつも引いて一気に寄り切った。これまで1勝4敗と合口の悪かった阿武咲を寄せ付けず、1敗を守り単独トップをキープした。
 初日から10連勝で迎えた11日目の妙義龍との一番では、まげをつかんで反則負けというまさかの形で敗れたが、「昨日のことは昨日。今日は今日。昨日はそういう(強引な小手投げ)相撲を取った自分が悪い。気持ちを切り替えて頑張ろうと思ってます」と話した。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ