本文へ移動

愛知県、百貨店休業要請へ 大型商業施設も、宣言中の土日

2021年5月20日 05時00分 (5月21日 11時17分更新)
 愛知県の大村秀章知事は十九日の会見で、新型コロナウイルスの感染急拡大を抑えるため、県内の百貨店やショッピングモールなどの大型商業施設に対し、今月末までの緊急事態宣言の期間中、土日の休業を要請する方針を明らかにした。対象は床面積が千平方メートルを超える施設で、生活必需品売り場は除く。
 県内では十九日、過去二番目に多い六百六十六人の感染が判明した。大村知事は「直近一週間の人口十万人当たりの新規感染者数が東京、大阪よりも多い。大変厳しい状況で、規制の強化をお願いせざるをえない」と述べた。
 土日の休業要請は二十二、二十三、二十九、三十日の四日間となる見通し。県内全域の百貨店と大型商業施設を軸に調整し、対象施設を拡大するかどうかも検討している。協力金は床面積千平方メートルごとに一日二十万円を支給する予定。二十日に詳細を発表する。
 休業や時短営業の要請を拒んで酒類の提供を続ける飲食店などに対しては、休業命令を出し、応じない場合に過料を科す方針も...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

PR情報

社会の新着

記事一覧