本文へ移動

【中日】R・マルティネスが4点リードの9回に登板「オレのやることはゼロに抑えること」有言実行

2021年5月18日 22時38分

このエントリーをはてなブックマークに追加
5番手で登板したR・マルティネス

5番手で登板したR・マルティネス

 ◇18日 DeNA1―5中日(横浜スタジアム)
 R・マルティネスが安定の1イニングゼロ封。4点リードの9回にマウンドに上がり、ソトを遊ゴロ、宮崎を右飛に料理すると、ルーキー牧とはオール速球の3球勝負。高め159キロで空振り三振を奪って試合を締めくくった。「オレのやることはいつも同じだよ。どんな状況でもゼロに抑えてベンチに戻ってくることを考えている。チームが勝ってうれしいよ。明日(19日)も勝ちたいね」。東京五輪の米大陸予選のため24日の渡米が決まっているキューバ代表。竜のために腕を振ってから、チームを離れる。
PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ