本文へ移動

貴重なワクチン、余ったら? 南信の自治体、廃棄防止で優先者工夫

2021年5月19日 05時00分 (5月19日 09時56分更新)
75歳以上への接種が始まった飯田市の集団接種会場。余ったワクチンはキャンセル待ちの希望者や、会場の看護師らに接種する=飯田市で

75歳以上への接種が始まった飯田市の集団接種会場。余ったワクチンはキャンセル待ちの希望者や、会場の看護師らに接種する=飯田市で

 南信地方でも始まった新型コロナウイルスワクチンの高齢者への接種。予約者から順次接種する自治体が多いが、担当者が頭を悩ませるのが、急なキャンセルで余るワクチンの取り扱いだ。ワクチンは開封したらその日のうちに使い切らなければならず、各自治体は貴重なワクチンを廃棄しないよう工夫を凝らしている。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報