本文へ移動

実家は手打ちそばの名店 拓大・川船龍星が1失点完投で首位浮上 「抑えられて良かった」【東都大学野球】

2021年5月18日 20時54分

このエントリーをはてなブックマークに追加
1失点完投勝利の拓大の川船龍星投手

1失点完投勝利の拓大の川船龍星投手

◇18日 東都大学野球2部リーグ 拓大2―1日大(大田スタジアム)
 拓大が5勝2敗として首位タイに浮上。プロ注目の150キロ右腕、川船龍星投手(4年・松本第一)が1失点完投した。
 2015年秋以来の1部復帰へ、エースが4安打1失点完投。「7回にヤマがあって、勝ち越してもらったあとの8回にも…。何回もピンチを抑えられたのが良かった」。直球を軸に粘り強く投げ、防御率トップの赤星との投げ合いを制し、日大に今季初黒星をつけた。
 実家は、長野県松本市の季節料理・手打ちそば「川船」。松本第一時代は食物科で学んで調理師資格も取得した。「家業を継ぐのもあったんですが、野球をさせてもらっています」。高校時代は野球を途中で投げ出さないようにあえて入寮。DeNAのルーキー牧は同部屋でかわいがってくれた先輩だった。「掃除をしないので、僕がやってました。もっと感謝してほしいですよね」と笑って振り返られる存在だ。
 今季2勝目をアシストしてくれたのは、花咲徳栄出身のルーキー田村。2回に同点打、7回に勝ち越し打の2打点に、川船は「アイツ、僕のときに打ってくれるんです」と、うれしそうだった。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ