本文へ移動

舛添要一さん、ワクチン予約枠の大幅前倒し成功 「空いたスペース活用を」東京都に注文

2021年5月18日 13時24分

このエントリーをはてなブックマークに追加
舛添要一さん

舛添要一さん

 前東京都知事で国際政治学者の舛添要一さん(72)が18日、新型コロナウイルスワクチン接種予約に挑戦。既に持つ予約枠を大幅に前倒しする日付で確保したことを明かした。
 舛添さんは14日にもネット予約に挑戦。「先ほど苦労して1回目のワクチン接種、ネットで8月21日に予約。2回目は9月11日以降に予約すべきだが、そもそも9月の予約は開始していないという」と報告し、約3カ月先の予約日について「私は1回目の接種も受けずに東京五輪を迎える」と嘆いていた。
 しかし、18日、居住地である世田谷区内の接種枠が2万回に拡大されたため、より早い接種機会を求めて予約に再挑戦。「8時半の開始とともに挑戦しているが、1時間以上経っても、電話もネットも繋がらず」と途中経過を報告しつつ、仕事のため諦めていた。
 だがその約2時間後、「仕事の合間にトライしたら、ネットが繋がって」とインターネットでのアクセスに成功。その結果「6月7日・28日の組み合わせで予約完了」と2回分の日時で予約を確保し、「8月21日から大幅に前倒しになった」と報告した。その上で「市区町村、自衛隊(国)は頑張っているが、都も空いたスペース(山ほどある)を活用して接種促進をしたらどうか」と、東京都の接種計画に注文を付けた。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ