本文へ移動

新たに滋賀大が仲間入り 「彦根の高校生街おこしの夢」企画

2021年5月18日 05時00分 (5月18日 14時07分更新)
3社と協定を締結した位田学長(右から2人目)ら=彦根市役所で

3社と協定を締結した位田学長(右から2人目)ら=彦根市役所で

 彦根市などにあるキリンビール滋賀工場、ブリヂストン彦根工場、平和堂が二〇一六年から毎年企画している高校生による街おこし企画「彦根の熱き高校生の街おこしの夢を応援」に滋賀大が新たに加わった。十七日に三社と滋賀大が彦根市役所で協定書を締結した。
 これまでは三社が地元の高校生から地域資源を生かしたり、地域の課題解決につながる企画を募集し、優秀賞を選定。その企画の実現に向けて三社が資金面などでサポートしていた。彦根の風景を写したカレンダーや地元食材を用いたカフェメニューなどが生まれている。
 昨年は新型コロナ禍で募集を中止したが、二一年は企画の発展のために、地域活性化などの研究を進めている滋賀大を加えた。高校生は社会課題の解決、彦根の観光・発展、健康・スポーツ・文化振興の三つからテーマを選び、アイデアを応募。優秀賞に選ばれた企画を高校生が滋賀大生にプレゼンテーション。今年秋ごろから滋賀大生が高校生とともに企画実現に向けて取り組む。三社は取り組みを支援する。
 滋賀大の位田隆一学長は「将来を担う学生が地域の構成員として行動するところに意義がある」と話した。高校生のアイデア募集は六月二十一日まで。郵...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報

滋賀の新着

記事一覧