本文へ移動

千代大龍が2敗守る 「動いて動いて最後まであきらめずというのが白星につながっている」【大相撲】

2021年5月17日 19時59分

このエントリーをはてなブックマークに追加
千代大龍(奥)が寄り切りで白鷹山を破る

千代大龍(奥)が寄り切りで白鷹山を破る

◇17日 大相撲夏場所9日目(両国国技館)
 前頭14枚目の千代大龍(32)=九重=が、十両の白鷹山を寄り切って2敗を守った。
 2011年の技量審査場所で初土俵を踏んだ同期生。「ちょっと負けたくないという気持ちはありました」と気合が入った。
 優勝争いにも加わっているが、まずは勝ち越し。「立ち合いで変化せず、中途半端な当たりで引くこともなく、土俵際も動いて動いて最後まであきらめずというのが白星につながっている」と乗っている。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ