本文へ移動

【中日】大島右犠飛で6戦ぶり打点

2021年5月17日 06時15分

このエントリーをはてなブックマークに追加
右犠飛を放つ大島

右犠飛を放つ大島

◇16日 中日2-2ヤクルト(バンテリンドームナゴヤ)
 中日・大島が第3打席で右犠飛を放ち、チーム16イニングぶりの得点を呼び込んだ。2点を追う5回1死一、三塁、カウント1―1からヤクルト・奥川の内角の148キロ直球を引っ張って右翼へ打ち上げ、三走・井領を悠々と生還させた。打点を挙げるのは6戦ぶり。1、4回の無死二塁を生かせず、チームの無得点が続いていた中で、ベテランが最低限の仕事を果たした。
PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ