本文へ移動

<キラリ近江びと> しがジョブパーク運営・北川雄士さん

2021年5月17日 05時00分 (5月17日 05時00分更新)
北川雄士さん

北川雄士さん

 学生の就職と企業側の採用を支援する会社の社長として、県内の企業の魅力を発掘し、情報を発信している。昨年4月からは、草津市西渋川の総合就職支援施設「しがジョブパーク」を拠点に、学生ら若者向けの就職支援に力を注ぐ。「若い人が『大手=良い会社』と考えてしまえば、東京に行けば良い、となってしまう。中小企業の良さ、大手に負けない強みがあることをPRしていきたい」と力を込める。 (山村俊輔)
 パークは県が二〇一二年から運営し、昨年四月からは北川さんが社長を務める「いろあわせ」(彦根市)が運営を受託している。草津市周辺は大学が多いことから、学生向けを中心にキャリア相談、就職セミナー、県内の企業の情報提供などをしている。今年三月には県内企業が参加して合同説明会「しがジョブフェスティバル」を草津、米原、京都市内で開催。三会場で計約五百六十人の学生らが訪れた。
 大手広告代理店を経て、大阪市内のITベンチャーに七年間、人事担当として勤務した。一五年十月に故郷の彦根市で独立。企業の採用支援や自治体の移住・定住事業の支援、組織のコンサルティングなどを主に続けた。
 「学生時代はイベントを企画し、人が集まる所をつ...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報

滋賀の新着

記事一覧