本文へ移動

【大相撲】大関朝乃山、豊昇龍の内掛けに尻もち…4敗目喫し優勝争い完全に脱落「踏み込みが甘い」

2021年5月16日 19時20分

このエントリーをはてなブックマークに追加
豊昇龍(右)は内掛けで朝乃山を破る

豊昇龍(右)は内掛けで朝乃山を破る

◇16日 大相撲夏場所8日目(両国国技館)
 大関の朝乃山(27)=高砂=がいいところなく敗れ、4敗目を喫した。豊昇龍(21)=立浪=の内掛けに尻もちを付く形で敗れた。
 早くも4敗目で優勝争いから完全に脱落。取り組み後は「踏み込みが甘いので自分の相撲が取れないし、一歩前に詰められないと思う」と声を落とした大関。「気持ちを切り替えて自分の相撲を取ります」と懸命に前を向いた。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ