本文へ移動

清原和博さん 心の支えは息子の写真…覚醒剤との闘い「とんでもない怪物、まだ僕を襲い続けている」

2021年5月15日 22時30分

このエントリーをはてなブックマークに追加
清原和博さん

清原和博さん

 プロ野球の西武、巨人などで活躍した清原和博さん(53)が15日、自身のYouTubeチャンネル「清ちゃんスポーツ」に動画を投稿。覚醒剤の恐ろしさを自分の体験をもとに話した。覚醒剤とは毎日が闘いで、家中に息子の写真を飾ることで支えとしていると明かした。
 清原さんは今も、緊張すると手が震える、耳鳴りがする、眠れない、うつ病の後遺症があると告白。「覚醒剤というのはとんでもない怪物で、5年たってもまだなお、僕を襲い続けている」と明かした。
 現在覚醒剤を乱用している人には、友人に相談することを勧め、相談を受けたときには「友達もやめろというんじゃなくて、じゃあ頑張ろうよという声を掛けてもらえると心が救われる」と寄り添うよう求めた。また、支える人がいないと再発の危険性があると訴えた。
 また、髪の毛を白く染めたのは、当時についてのインタビューを受けた直後だとし「髪の色変えて違う自分に変えたい」と理由を説明した。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ