本文へ移動

楽天・三木谷会長、東京五輪開催は「自殺行為だ」と批判 ソフトバンク孫正義会長も「恐れている」

2021年5月15日 14時15分

このエントリーをはてなブックマークに追加
楽天の三木谷浩史会長兼社長

楽天の三木谷浩史会長兼社長

 楽天グループの三木谷浩史会長兼社長は14日放送の米CNNテレビのインタビューで、新型コロナウイルスの流行下、東京五輪開催は「自殺行為だ」と批判した。日本政府の新型コロナ対応については「10点満点で2点だ」とし、失敗だとの認識を示した。
 東京五輪を巡っては、ソフトバンクグループの孫正義会長兼社長も13日の米CNBCテレビのインタビューで「非常に恐れている」と発言。日本の有力な経営者が相次いで懸念を表明した。
 三木谷会長は「世界中から人が集まる国際的なイベントを開催するのは危険だ。リスクが大きすぎる」と強調し、「今年の五輪開催に反対だ」と明言した。現時点で中止は可能だとの考えも示し、政府関係者に働き掛けていることも明かした。 
 三木谷会長は今年4月、ツイッターに「僕ははっきり今年の五輪開催はあまりに、リスクが高すぎると思っており、反対です」と投稿していた。
 孫会長は13日、「日本だけでなく多くの国にとって、私は(コロナ流行下での)開催を非常に恐れている」との考えを示した。(ワシントン共同)

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ