本文へ移動

【MLB】大谷翔平“グリーンモンスター”超え11号ソロ!ナックルカーブを体勢崩しながら左翼へ

2021年5月15日 10時16分

このエントリーをはてなブックマークに追加
11号ソロを放つエンゼルス大谷(AP)

11号ソロを放つエンゼルス大谷(AP)

◇14日(日本時間15日) MLB レッドソックス―エンゼルス(ボストン)
 エンゼルスの大谷翔平選手(26)は「2番DH」で先発出場。0―2とリードを許した6回2死無走者で迎えた第3打席、レッドソックスの右腕ピベッタのナックルカーブを体勢を崩しながらフェンウェイパーク左翼の名物「グリーンモンスター」を超える11号ソロ本塁打とした。
 14日ぶりに試合のなかった移動日明けの大谷。ここまで5連勝と好調のピベッタと初対戦。1回の第1打席はナックルカーブを左翼ポール際のグリーンモンスター下部に直撃する二塁打。3回の第二打席は空振り三振だった。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ