本文へ移動

【ロッテ】ハーマンまさかの炎上 悪夢の7回、3点リードが2点ビハインドに

2021年5月12日 21時19分

このエントリーをはてなブックマークに追加
ロッテ・ハーマン

ロッテ・ハーマン

◇12日 ソフトバンク―ロッテ(ペイペイドーム)
 ビッグイニングをつくった途端にロッテの救援右腕フランク・ハーマン投手(36)が大炎上した。3点をリードしていた7回に3番手で登板したものの、ソフトバンクの甲斐に勝ち越し本塁打を打たれるなど被安打4の5失点。あっさりと試合をひっくり返された。
 1死から周東が四球で歩き、牧原の左前打で続くと栗原の左犠飛で1点を返され、続く柳田、中村の連続適時打で同点に追いつかれた。なおも2死一塁の場面も続投し、甲斐に3球目のストレートを左中間席に放り込まれた。
 5回には味方打線が爆発したばかりだった。0―3の場面からレアードの2試合連発となる6号3ランが飛び出し、その後も荻野、マーティン、中村奨の3者連続タイムリーで一挙6得点。打者一巡、7安打の猛攻で4回まで無安打と好投していた相手先発左腕和田をマウンドから引きずり降ろすことに成功。必勝リレーで逃げ切るつもりでいたが、再び2点を追いかける展開に。ハーマンが大誤算となった。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ