本文へ移動

【ロッテ】レアード、起死回生の6号3ラン! 2日で3発の大当たり…ソフトバンク和田を攻略

2021年5月12日 19時55分

このエントリーをはてなブックマークに追加
5回、右中間に3ランを放ったロッテ・レアード

5回、右中間に3ランを放ったロッテ・レアード

◇12日 ソフトバンク―ロッテ(ペイペイドーム)
 ロッテのブランドン・レアード内野手(33)が12日、ソフトバンク戦で2試合連発となる起死回生の同点3ランを放った。前日の11日には同じカードで2打席連続アーチを放っており、2日間で3本塁打を量産した。
 3点を追う5回、安田、角中の連打で無死一、二塁のチャンスを呼び込むとソフトバンクの先発左腕・和田の4球目、真ん中に入った144キロを右中間に運び、6号本塁打をたたき出した。
 「打ったのはストレートだね。なんとかランナーをかえそうという気持ちで、感じよくスイングすることができたよ。幕張スシ! サイGO!」。ベンチに戻ってくるとこの日も大好物のすしを握るしぐさをするパフォーマンスで、握った“エアすし”を新外国人のエチェバリアに振る舞った。
 その後も畳み掛けた。中前打で出塁した藤岡が盗塁で二塁に進むと1番・荻野の左前打で逆転に成功。続くマーティンの適時二塁打で追加点を挙げ、一気に6点を奪い、マウンドの和田を攻略した。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ