本文へ移動

武井壮 五輪中止なら「アマチュアアスリートにかなりの打撃…」案じる 競技以外の収入源の必要性説く

2021年5月12日 17時04分

このエントリーをはてなブックマークに追加
武井壮

武井壮

 タレントの武井壮(48)が12日、ツイッターを更新。東京五輪開催の是非が問われる中、アマチュアアスリートに向け「今から『競技をすること』以外の価値、収入源を確保する準備はしておいた方がいい」とアドバイスした。
 武井は五輪が中止になった場合、「企業などから支援を受けて競技をしているアマチュアアスリート達は来年以降かなりの打撃を受ける事になる可能性もある」と予想。「もし、オリンピックや国際大会が中止されたとしてもアスリートが示せる新しい価値を生めるように」として、「今から『競技をすること』以外の価値、収入源を確保する準備はしておいた方がいい」とつづった。
 武井は大学生時代、陸上十種競技の日本チャンピオンとなった経歴を持ち、引退後はタレントとして活躍。それだけにアスリートの立場を心配しているようで、「この先の競技や環境に不安がある方は相談してください」とも呼び掛けた。
 さらに「この苦境にひとりでも多く失業してしまう、もしくは競技継続できない状況を避けられるように新しい形を作れるよう動いても損はしないよね」と自ら行動する覚悟を明かし、「『メダルが無くても大丈夫!』簡単ではないけど、そう言える未来を戦いながら考えよう」とアスリートの競技環境の改善を目指す思いを熱くつづった。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ