本文へ移動

落馬負傷の北村友一騎手、復帰まで1年以上の見込み 背骨を8本骨折「普通に歩けるようになるまでかなり時間掛かる」

2021年5月12日 18時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
北村友一騎手

北村友一騎手

 2日の阪神2Rで落馬負傷して、椎体骨折、右肩甲骨骨折と診断された北村友一騎手(34)=栗東・フリー=が、復帰までに1年以上を要する見込みであることが分かった。
 先週末に手術を行っており、無事に成功。幸い神経には影響なかったが「背骨が8本折れていて、普通に歩けるようになるまで、かなり時間が掛かりそうです」と北村友は現状を説明。当然、宝塚記念に出走予定のクロノジェネシスへの騎乗は不可能となる。
 長期の戦線離脱となるが、騎手復帰への意思は固く「これもいい経験だと思って、リハビリを頑張っていきたいです」と前向きに語った。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ