本文へ移動

【MLB】大谷翔平、少年時代の憧れは松井秀喜&ダルビッシュ有…メジャー通算286試合時点で本塁打とOPSは「ゴジラ超え」

2021年5月12日 12時14分

このエントリーをはてなブックマークに追加
大谷翔平(AP)

大谷翔平(AP)

◇11日(日本時間12日) MLB アストロズ5―1エンゼルス(ヒューストン)
 エンゼルスの大谷翔平選手(26)は11日、敵地のアストロズ戦で指名打者を解除し、「2番・投手」で先発ラインアップ入りする今季3度目の“リアル二刀流”でマウンドへ。今季最長の7イニングを4安打1失点、10奪三振も勝敗はつかず、今季2勝目(0敗)はならなかった。8回はメジャー初の右翼守備に就く“リアル三刀流”も実現。打っては4打数1安打、2三振だった。
 中継局BSウエストは、大谷が少年時代にあこがれた打者は松井秀喜元外野手(元ヤンキース)で、投手はダルビッシュ有(現パドレス)だったと紹介。さらに、打者・大谷はメジャーデビューから前日まで286試合で「打率2割6分8厘、57本塁打、OPS(長打率+出塁率)8割5分3厘」に対し、同じ時点での松井さんは「打率2割9分1厘、40本塁打、OPS(長打率+出塁率)8割3分9厘」だったと指摘した。
 エンゼルスのバスガーシアン専属アナウンサーは「本塁打数で松井を上回り、OPSもゴジラより上です」。これに、同局のグビザ解説者は「しかも、ダルビッシュも松井も両方(投打の二刀流)ともできるわけじゃない。だからこそ、大谷の数字はよりすごみを増すんだ」と付け加えた。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ